基本&コツ

バッグの内ポケットの作り方


バッグの内ポケットの作り方です。もっともシンプルなタイプなので、ぜひ覚えてください。

ポケット布を裁断します。

ポケットをしっかりさせたかったり、生地が薄くてやわらかいときは、片面にだけ接着芯を貼るといいでしょう。このとき、縫い代には貼らず、出来上がりサイズの部分のみに貼ってください。

 


①ポケット布の両端を折る

ポケット布は2つ折りにして使います。裏を上にして縦長に置き、上下をアイロンで1㎝折ります。アイロン定規を使うと簡単です。

アイロン定規を持っていない場合は、はがきや厚紙に1㎝の線を引いて使ってもかまいません。

 

両端が1㎝折れました。

 

②中表にして二つ折りにする

中表にしてアイロンで二つに折ります。しっかりと折り目をつけてください。

 

③両端を縫い代1㎝で縫う

両端を縫い代1㎝で縫います。折り目は折れた状態で上を縫ってかまいません。

 

④おもてに返す

縫っていないところからおもてに返し、きれいにアイロンをかけます。縫ってない側を下にして縫いつけます。

 

⑤ポケット位置を決める

裏地の中心線とポケットの中心線を合わせ、裏地の上端から9㎝のところにまち針で止めます。

 

⑥ミシンで縫う

端から1~2㎜のところをコの字に縫います。最初と最後は力がかかるところなので、2~3回しっかり返し縫いをしてください。

これでポケットがつきました。